『しあわせへの道』とは

j-rogo

『しあわせへの道』は、宗教色のない「よりよい人生への指針」です。

『しあわせへの道』は、良識のみに基づいた初めての「よりよい人生への指針」です。『しあわせへの道』は、1981年に初めて出版され、その目的は、現代社会における道徳の衰退を食い止め、人々の間に誠実さと相互の信頼を取り戻すことです。

『しあわせへの道』は、最も多く翻訳された特定の宗教信条に基づかない本として、ギネス記録を保持しています。

著者のL. ロン ハバード 氏が、『しあわせへの道』として「21のヒント」を著したのは、あらゆる人を、より幸福で、良識ある満ち足りた人生を生きる決意へと導く「道しるべ」を提供するためでした。特定の宗教観が全く無いため、人種や宗教、肌の色、信条、職種を問わず、誰でも受け入れることができ、世界中のすべての人を結びつける絆を回復させることができます。

人から人へ。 この冊子は手渡され、広がって行きます。

この本の真の力は、人の手から手へと渡されていく時に発揮されます。周囲の人々の行動は、私たちの人生に影響します。 何冊かの『しあわせへの道』を友人や同僚、従業員、顧客に贈るだけで、自分の生きる環境をより暮らしやすいものに変えていくことができます。この本を読んでもらうことで、より充実した生きがいのある人生を送るよう、他の人を助けることになります。やがて、その人たちも自分と関わりを持つ人々にこの本を渡すようになります。渡された人たちもまた、親切心や思いやりをもって周囲の人々に接するようになっていきます。

このようにして、より良い人生へと導くメッセージが人から人へと伝わり、広がっていくのです。その、社会的な光景も、『しあわせへの道』の一部となるでしょう。